Funtech.Tokyo

Blog

アプリに垣間見る国境

2019年11月5日

明日から上海に行くので、中国で使えるアプリをダウンロードしてる。 支払い、移動手段、地図などこれらインフラを助けてくれるアプリは必須。2回目の上海ではあるけども、前回は中国人の友達がいた為全く不便がなかった。今回は自分でなんとかしなきゃなので、ドキドキ。 アプリをインストールして思ったのは、DiDiというアプリは中国初のUberやLyftのようなアプリなのだが、日本のアカウントでダウンロードしたものは中国本土では使えないという。GoogleMapも現地ではVPNを利用しないと使えない。その為、百度の地図アプリをインストール。 国ごととにアプリの制約が違うとはいえ、グローバルを謳う世の中で、アプリによって思い知らされる国境。